Tokyo 2016 | Speakers: Caleb Harper

Caleb Harper
ケイラブ・ハーパー

ケイラブ・ハーパーは、MITメディアラボのオープン・アグリカルチャー・イニシアチブ (OpenAG)の主任研究員 及び責任者を務め、技術者、建築家、科学者という様々な人員を率いながら、未来の食料システムの探求・発展を目指す。彼の研究は環境デザインのコントロール、作動計測、自動化制御とデータ推進型の資源・エネルギー・生物学的最適化の分野に焦点を当てており、よりアジャイル(機動的)でトランスペアレント(透過的)、且つコラボレティブ(協力的)な食料システムを構築するべく、農業に特化したオープン・ソース・ハードウエアやソフトウエア、 そしてデータの開発を行っている。

ハーパーはナショナル・ジオグラフィックの Emerging Explorer であり、世界経済フォーラムの New Vision for Agriculture Transformation Leaders Network のメンバーでもある。彼の業績は「タイム」「ワイヤード」「エコノミスト」「IEEE」「World Urban Forum」「米国国際開発庁(USAID) 」「TED」で取り上げられている。
ハーパーは 2011年にメディアラボに加わるのに先立ち、データセンター、ヘルスケア、半導体生産施設のデザイン・開発を行う建築家としてだけでなく、米国国際開発庁、世界銀行、米州開発銀行、デリー開発公社の高密度都市開発プロジェクトを含む、複数の国際的な開発機関でコンサルタントとしての経歴を持つ。

Caleb Harper is the Principal Investigator and Director of the Open Agriculture (OpenAG) Initiative at the MIT Media Lab. He leads a diverse group of engineers, architects and scientists in the exploration and development of future food systems. Caleb’s research focuses in the areas of control environment design, actuated sensing, control automation and data-driven resource, energy and biologic optimization. His group is developing an open-source agricultural hardware, software and data common with the goal of creating a more agile, transparent and collaborative food system.

Caleb is a National Geographic Explorer and a member of the World Economic Forum (WEF) New Vision for Agriculture Transformation Leaders Network. His work has been featured in TIME, WIRED, The Economist, IEEE, World Urban Forum (WUF), USAID, and TED. Prior to joining the Media Lab in 2011, Caleb worked professionally as an architect designing and developing data centers, health care and semi-conductor fabrication facilities. Additionally he has consulted with multiple international development agencies including USAID, World Bank, Inter-American Development Bank, and the Delhi Development Authority on high-density urban development projects.