Tokyo 2016 | Speakers: Sam Kass

Sam Kass
サム・カス

サム・カスは、食分野における企業家であり、ホワイトハウスシェフでの栄養政策担当シニア政策アドバイザーを就任の経験を持つ。

カスは2009年にアシスタント・シェフとしてホワイトハウスのキッチンに加わり、2010年には、フード・イニシアティブ・コーディネーターに就任。さらにホワイトハウス勤務中に、ミシェル・オバマ大統領夫人の「レッツ・ムーブ!」キャンペーンのエグゼクティブ・ディレクター、ホワイトハウスの栄養政策担当シニア政策アドバイザーを始めとする様々な任務に携わり、ホワイトハウスの歴史上で大統領府と大統領官邸にポストを持つ最初の人物となった。

また、彼は大統領夫人の最古参のアドバイザーの一人であり、健康的な食への取り組みに関わる、シニア政策アドバイザーとして活動した経歴を持ち、大統領夫人がホワイトハウスにエレノア・ルーズベルトのビクトリー・ガーデン以来の大型菜園を作る手助けをし、史上初のホワイトハウスでのビール醸造に助力。

2011年にはファスト・カンパニーによる「100人の最もクリエイティブな人々」に名を連ね、2012年には食への取り組みを通じた外交の推進を目指す、アメリカン・シェフ・コープの創設に寄与。

現在、カスはNBCニュースのシニア・フード・アナリストとして活動し、健康的な食生活、食のトレンドや政策といったテーマを取り扱い、またMITメディアラボフェロー、企業家であり、アドバイザーを務める。


Sam Kass is a Food Entrepreneur, Former White House Chef and Senior Policy Advisor for Nutrition. Kass joined the White House kitchen staff in 2009 as Assistant Chef and, in 2010, became Food Initiative Coordinator. During his White House tenure, Kass took on several additional roles including Executive Director of First Lady Michelle Obama’s “Let’s Move!” campaign and senior White House Policy Advisor for Nutrition. Kass is the first person in the history of the White House to have a position in the Executive Office of the President and the Residence. Kass was one of the First Lady’s longest-serving advisors, having previously served as Senior Policy Advisor for Healthy Food Initiatives. Kass helped the First Lady create the first major vegetable garden at the White House since Eleanor Roosevelt’s victory garden. In addition, Kass helped create the first beer to ever be brewed in the White House. In 2011, Fast Company named Kass to their list of 100 Most Creative People, and in 2012, Kass helped create the American Chef Corps, which is dedicated to promoting diplomacy through culinary initiatives. Currently Kass serves as a senior food analyst at NBC News, covering topics such as healthful eating, food trends and policy. Kass is an MIT Media lab fellow, entrepreneur and advisor.